kikkoman

からだのミカタ/健康と美容のために必要な成分/大豆イソフラボンアグリコン/減っていく「女性ホルモン」の代わりに働いてくれる心強い味方。/大豆の中には、やさしいチカラが眠っています。

大豆イソフラボン
アグリコン

減っていく「女性ホルモン」の代わりに
働いてくれる心強い味方。

大豆の中には、
やさしいチカラが
眠っています。

女性ホルモンに似た働きをする『大豆イソフラボンアグリコン』って何?/大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と非常に似た形をしていて「植物エストロゲン」とも呼ばれています。大豆イソフラボンは「配糖体」という形をしていますが、食べた後は腸内で分解されて「アグリコン」という形になり、体内へと吸収されます。この『大豆イソフラボンアグリコン』が女性ホルモンの代わりの働きをしてくれるのです。

女性ホルモンに似た働きをする
『大豆イソフラボンアグリコン』って何?

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と非常に似た形をしていて「植物エストロゲン」とも呼ばれています。大豆イソフラボンは「配糖体」という形をしていますが、食べた後は腸内で分解されて「アグリコン」という形になり、体内へと吸収されます。この『大豆イソフラボンアグリコン』が女性ホルモンの代わりの働きをしてくれるのです。

大豆イソフラボンアグリコンの吸収(模式図) 大豆イソフラボンアグリコンの年齢別生理作用
『大豆イソフラボンアグリコン』の最新研究報告/不眠や抑うつなどの更年期症状の緩和効果が確認されています。/40〜50歳代の女性では女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少するとともに、更年期症状と呼ばれる不定愁訴があらわれます。『大豆イソフラボンアグリコン』を25mg/日を8週間にわたり更年期症状を有する40〜60歳のミドルエイジ女性29名に摂取してもらったところ、その時期にみられる抑うつ(気分の落ち込み)症状や不眠症状、ホットフラッシュなどの身体症状を改善する効果が見られました。

『大豆イソフラボンアグリコン』の最新研究報告

不眠や抑うつなどの
更年期症状の緩和効果が
確認されています。

40〜50歳代の女性では女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少するとともに、更年期症状と呼ばれる不定愁訴があらわれます。『大豆イソフラボンアグリコン』を25mg/日を8週間にわたり更年期症状を有する40〜60歳のミドルエイジ女性29名に摂取してもらったところ、その時期にみられる抑うつ(気分の落ち込み)症状や不眠症状、ホットフラッシュなどの身体症状を改善する効果が見られました。

大豆イソフラボンアグリコンの更年期症状に対する効果/抑うつ症状

大豆イソフラボンアグリコンの
更年期症状に対する効果

大豆イソフラボンアグリコンの更年期症状に対する効果/不眠症状

摂取開始8週後に非摂取群と比較して、抑うつ症状(気分の落ち込み)と不眠症状が有意に改善。

血管運動神経症状(ホットフラッシュ、発汗、冷えなど)
身体症状(疲労、めまい、頭痛など)

摂取開始8週後に摂取開始前と比較して、血管運動神経症状と身体症状が有意に改善。

Arch. Gynecol. Obstet. 2015 Aug 21.(Epub ahead of print)より改変

『大豆イソフラボンアグリコン』にはキッコーマンの独自素材である「イソフラボンアグリコン30E」を使用しています。/25mg/日という低用量の『大豆イソフラボンアグリコン』摂取は、様々な更年期症状を緩和して、更年期女性の健康維持・増進に効果的であることが明らかとなったのです。25mg/日という低用量の『大豆イソフラボンアグリコン』摂取は、様々な更年期症状を緩和して、更年期女性の健康維持・増進に効果的であることが明らかとなったのです。

『大豆イソフラボンアグリコン』には
キッコーマンの独自素材である
「イソフラボンアグリコン30E」を使用しています。

25mg/日という低用量の『大豆イソフラボンアグリコン』摂取は、様々な更年期症状を緩和して、更年期女性の健康維持・増進に効果的であることが明らかとなったのです。

これからの毎日にとり入れて、輝き続けてください。健康と美しさはからだの内側から溢れ出てくるものなのです。/これからを見つめて、さぁ、もう一歩。/© 2017 キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社

© 2017 キッコーマンニュートリケア・ジャパン株式会社